シークワーサーの効能って?

柑橘系って取りすぎると体に悪いの?

柑橘系は取りすぎると体に悪いと会社の人が言っていました。

 

それって本当なのでしょうか?

 

シークワーサーマニアとしては非常に気になったので色々調べてみました。

 

  • 柑橘系の果物に含まれる糖分の過剰摂取
  • 輸入柑橘に含まれる発ガン性を含んだ防カビ剤や防腐剤やワックスの摂取
  • 水分の取りすぎでお腹をくだす

 

調べてみたら柑橘系の取りすぎのデメリットににはこんな感じのものがあるようです。

 

シークワーサーにどのデメリットが当てはまるか考えてみました。

 

糖分(果糖)の過剰摂取

 

シークワーサーは柑橘系のなかでは糖分が少なく、クエン酸が非常に多く含まれています。

 

クエン酸には疲労回復、糖分の燃焼効果がありますのでシークワーサーの摂取による糖分の過剰摂取にはなりにくいですね。

 

輸入系柑橘類に含まれる防カビ剤や防腐剤問題

 

輸入系の柑橘類には食品を長持ちさせるために防腐剤や防カビ剤、ワックスなどが塗られていることがあります。

 

中にはその薬剤の中に発がん性物質を含んだものもあるそうです。

 

普通に使う分にはさほど問題がないようなのですが、スムージーのように皮ごと生絞りなんかをするときには注意が必要みたいですね。

 

輸入柑橘類の全部がダメなわけではないと思いますが、一番栄養分が含まれている皮の部分が使えないのはちょっとショックですよね。

 

シークワーサーの場合、沖縄県産なのでその辺りについても問題はありません。

 

私のよく使う青切りシークワーサー100プレミアムなんかだとそういったものを一切使わずまる絞りしているので非常に安心です。

 

水分の取りすぎでお腹をくだす

 

・・・これについてはどうしようもないです(笑)

 

柑橘類に限らず食べすぎ、飲みすぎすればお腹を壊してしまいます。

 

以上のことから結論です。

 

シークワーサーの取りすぎには特にデメリットはないです!

 

シークワーサーの一日の適量とは?

 

参考までにシークワーサーってどのくらいとればいいのか調べてみました。

 

日経BPネットの東京薬学部の指田教授の記事で書かれていたようですが、簡単にまとめますとノビチレンは濃縮還元果汁100g辺り10〜20mg含まれていてできれば一日濃縮果汁を60g以上取りたいとのことです。

 

この書き方を読み取るとやはりシークワーサー果汁を大量にとっても問題なさそうですね。というよりとったほうがよいと書いてあるので1日60mgくらいはコンスタントに摂取したほうがいいみたいですね。

 

60mgがどのくらいの量かというと、青切りシークワーサー100プレミアムだと一本720mgに302個のシークワーサーが入っていますので

 

720mg÷302個=シークワーサー1個2.38mg

 

摂取目安60mg÷2.38=25.2個

 

一日に摂取したい濃縮果汁60mgを実際の大体シークワーサーに換算すると25個分くらいになるのでしょうか。

 

そう考えると濃縮果汁ってびっくりするくらいコストパフォーマンスがいいですね。

沖縄県推奨優良県産品のシークワーサー原液って?

「シークワーサーに興味があるけどどれがいいのかわからない…どれがいいんだろう?」ってなっちゃいますよね。

有名なのが良いけど、シークワーサー自体がそれほど店頭などで売られていないのでどれが有名なのか全然わかりません

そんなシークワーサー初心者の人が買うなら青切りシークワーサー100プレミアムにしておくのが無難です。

私も愛飲しているシークワーサーの原液です。

(画像は300mlボトルです)

300mlのミニボトルでも1本当たり125個のシークワーサーが使われています。

味、コスパともに満足できる1本ですね(個人的には世界一だと思っています)

原材料もカラマンシーなどが混ざっていないシークワーサー100%(香料、着色料、保存料などの添加物も入っていません)

公的な試験研究機関による厳しい検査と選定審査会における厳正な審査を経て選定されていて、2013年には沖縄県優良県産品審査員特別賞を受賞しており、シークワーサーを安心して飲むことができます。


青切りシークワーサー100プレミアムはネット販売のみで170万本も売り上げた大人気のシークワーサー原液です。

健康意識の高い方、健康のことを真剣に考え始めたには一度試してみてもいいかもしれませんね。

青切りシークワーサー100プレミアム公式販売ページ⇒【青切りシークヮーサー100ザ・プレミアム】