シークワーサーの効能って?

青切り、くがに、どっちのシークワーサーがいいの?

シークワーサーの色って何色?と聞かれるとほとんどの人が「緑色」と答えるのではないでしょうか?

 

シークワーサーは緑色というのは半分正解で半分はずれなのですです。

 

実は緑色のシークワーサーって完熟する前のシークワーサーのことなんですよね。

 

完熟に収穫したシークワーサーを青切りシークワーサーと呼び、完熟後に収穫されたシークワーサーを熟シークワーサー(くがに)と呼びます。

 

青切りとくがにの味の違い

 

青切りシークワーサーは熟する前なので、くがにに比べると酸味が強いです。

 

酸味が強いのでそのまま食べるのには向いていませんが、ジュースやお酒、薬味や調味料には青切りシークワーサーのほうが向いています。

 

逆にくがには完熟しているので甘みが強く酸味が少ないです。

 

飲み物や薬味に使うというよりはそのまま食べるほうに向いています。

 

青切りとくがに、どっちがいいの?

 

一般的にシークワーサーと呼ばれるものは基本的に完熟前の青切りシークワーサーのことです。

 

シークワーサーは柑橘類として飲み物や料理の味付けに使う場合がほとんどですので、酸味の強い青切りのほうが使いやすいです。

 

甘みが欲しい場合にはシロップなどで足せますしね。

 

というより沖縄に住んでいない限り、くがにを手に入れることはなかなかできません。

 

くがにを食べるのであれば別のフルーツを食べるほうが私はいいかなと思います。

 

シークワーサーの良さはあの強い酸味があってのものですもんね。

 

なのでシークワーサーを試してみたいという人には栄養素も豊富な青切りのほうが私はおススメです。

沖縄県推奨優良県産品のシークワーサー原液って?

「シークワーサーに興味があるけどどれがいいのかわからない…どれがいいんだろう?」ってなっちゃいますよね。

有名なのが良いけど、シークワーサー自体がそれほど店頭などで売られていないのでどれが有名なのか全然わかりません

そんなシークワーサー初心者の人が買うなら青切りシークワーサー100プレミアムにしておくのが無難です。

私も愛飲しているシークワーサーの原液です。

(画像は300mlボトルです)

300mlのミニボトルでも1本当たり125個のシークワーサーが使われています。

味、コスパともに満足できる1本ですね(個人的には世界一だと思っています)

原材料もカラマンシーなどが混ざっていないシークワーサー100%(香料、着色料、保存料などの添加物も入っていません)

公的な試験研究機関による厳しい検査と選定審査会における厳正な審査を経て選定されていて、2013年には沖縄県優良県産品審査員特別賞を受賞しており、シークワーサーを安心して飲むことができます。


青切りシークワーサー100プレミアムはネット販売のみで170万本も売り上げた大人気のシークワーサー原液です。

健康意識の高い方、健康のことを真剣に考え始めたには一度試してみてもいいかもしれませんね。

青切りシークワーサー100プレミアム公式販売ページ⇒【青切りシークヮーサー100ザ・プレミアム】