シークワーサーの効能って?

おススメのシークワーサーレシピ

 

 

シークワーサーを使ったレシピを紹介します。

 

基本的にはレモンやカボス、柚子と同じような使い方をします。

 

サラダや醤油、魚料理の薬味、ドレッシングにゼリーなど何でも使えますが、やはりシークワーサーと言えばドリンクですよね。

 

私はシークワーサーをそのまま使わず、大宜味村のシークワーサーまるしぼりの原液を使いますので量などは適量でお好みのバランスで作ることをおススメします。

 

ホットシークワーサー

 

シークワーサー 適量
ハチミツ 適量
お湯 適量

 

シークワーサーとハチミツをカップに注ぎ、そこにお湯を注ぎこんだら完成です。

 

疲れているときによく作るのがこのホットシークワーサーです。

 

飲んだ翌日は結構疲れが取れています。

 

シークワーサースムージー

 

休みの日などにのんびり朝ごはんがわりに飲んだりするのにおススメです。

 

冷蔵庫の中にある緑系の野菜 適量
冷蔵庫にあるりんごとかバナナなどのフルーツ 適量
シークワーサー 適量(多めがおススメです)

 

全部をミキサーに入れ固形がほとんどなくなるまで攪拌したら完成です!

 

わざわざスムージー用に食材を揃えるのではなく、冷蔵庫の余り物で作るのがいいですね。余り物で足りない物だけ買ってスムージーを作る、ようは冷蔵庫の掃除にぴったりってことですね(笑)

 

あるものを放り込むと、毎回違う味が楽しめます。

 

よほど変なものを入れない限り失敗はしません。

 

シークワーサージュース

 

シークワーサー 適量
お好みのジュース、もしくは水+ハチミツ 適量

 

子供におススメなのがシークワーサーのジュース割りです。

 

シークワーサーは健康的で美容にも良いのですが酸味が強すぎて子供はなかなか飲みませんので、甘いものと混ぜてあげるのが効果的です。

 

シークワーサーは疲労回復効果も高いのでスポーツをする子供にシークワーサージュースを持たせるのもいいですね。

 

 

シークワーサー酒

 

シークワーサーを使った飲み物の定番です。

 

泡盛に混ぜて飲むのが一般的ですが、焼酎に混ぜても美味しいです。

 

個人的には日本酒や甘めの白ワインに混ぜて飲むのも好きです。

 

 

 

と言う感じで今回はシークワーサーのドリンクレシピをいくつか紹介しましたが、シークワーサー自体スーパーなどになかなか売ってないのでシークワーサーをまるごと絞った原液を使うのがお手軽でお安く済みます。

沖縄県推奨優良県産品のシークワーサー原液って?

「シークワーサーに興味があるけどどれがいいのかわからない…どれがいいんだろう?」ってなっちゃいますよね。

有名なのが良いけど、シークワーサー自体がそれほど店頭などで売られていないのでどれが有名なのか全然わかりません

そんなシークワーサー初心者の人が買うなら青切りシークワーサー100プレミアムにしておくのが無難です。

私も愛飲しているシークワーサーの原液です。

(画像は300mlボトルです)

300mlのミニボトルでも1本当たり125個のシークワーサーが使われています。

味、コスパともに満足できる1本ですね(個人的には世界一だと思っています)

原材料もカラマンシーなどが混ざっていないシークワーサー100%(香料、着色料、保存料などの添加物も入っていません)

公的な試験研究機関による厳しい検査と選定審査会における厳正な審査を経て選定されていて、2013年には沖縄県優良県産品審査員特別賞を受賞しており、シークワーサーを安心して飲むことができます。


青切りシークワーサー100プレミアムはネット販売のみで170万本も売り上げた大人気のシークワーサー原液です。

健康意識の高い方、健康のことを真剣に考え始めたには一度試してみてもいいかもしれませんね。

青切りシークワーサー100プレミアム公式販売ページ⇒【青切りシークヮーサー100ザ・プレミアム】