シークワーサーの効能って?

夏はシークワーサーで手軽に栄養補給!

夏はみんなでシークワーサーを楽しみましょう!

 

ノビチレンやクエン酸、天然ビタミンは夏に必須、そんな栄養素を手軽に補給しましょう

 

シークワーサーの効果はこちらの記事でまとめました。

 

子供はシークワーサージュース、大人はシークワーサービールチュウハイで夏を元気に乗り切りましょう。

 

とは言ってもなかなかシークワーサージュースは売っていないので、家庭で簡単に作りましょう。安くて手軽に作れるので一度試してみてはいかがでしょうか?

 

シークワーサー+お好みのジュース

 

ジュースのほうが相性はいいのですが、お好みのジュースに混ぜて飲みましょう。

 

量は適量でかまいませんが、最初はシークワーサー原液を10ccくらいで試してみるのがいいと思います。

 

スムージーなんかに混ぜても美味しいですよ〜

 

シークワーサー+ビール、チュウハイ

 

こちらも適量でOKです。

 

ビールの場合だと独特の苦味と風味が混ざり合い、好き嫌いが分かれますが味としては通好みの味になってきます。

 

シークワーサーチュウハイなら特にクセもなく飲みやすいので、お酒がそれほど好きじゃない方にはこちらのほうがおススメになってきます。

 

またリキュールなどを使いお好きなシークワーサーカクテルなんかだとさらに飲みやすくなってきます。

 

シークワーサーカクテルって沖縄の夏って雰囲気がでて個人的には一押しです。

 

 

シークワーサードリンク作るときのポイント

 

混ぜるだけで簡単にシークワーサードリンクができますが一点だけ注意点があります。

 

入れすぎに注意です。

 

レモンや柚子と同じ柑橘系なので原液の味は結構強いので多く入れすぎるとすっぱさが強くなりすぎます。

 

なので原液を少し入れて、ジュースを少し入れてテイスティングをする。という風に作っていくと失敗し辛いのです。

 

栄養満点で夏に子供に飲ませたいシークワーサーですが、酸味も強いのですっぱすぎると子供が「シークワーサージュースはすっぱくて嫌い」となってしまいます。

 

なので子供に作るときは甘めのジュースに若干原液を混ぜる程度でいいでしょう。

 

シークワーサー原液は味やコスパ、栄養面や安全面を考えると青切りシークワーサー100プレミアムが無難ですね。

沖縄県推奨優良県産品のシークワーサー原液って?

「シークワーサーに興味があるけどどれがいいのかわからない…どれがいいんだろう?」ってなっちゃいますよね。

有名なのが良いけど、シークワーサー自体がそれほど店頭などで売られていないのでどれが有名なのか全然わかりません

そんなシークワーサー初心者の人が買うなら青切りシークワーサー100プレミアムにしておくのが無難です。

私も愛飲しているシークワーサーの原液です。

(画像は300mlボトルです)

300mlのミニボトルでも1本当たり125個のシークワーサーが使われています。

味、コスパともに満足できる1本ですね(個人的には世界一だと思っています)

原材料もカラマンシーなどが混ざっていないシークワーサー100%(香料、着色料、保存料などの添加物も入っていません)

公的な試験研究機関による厳しい検査と選定審査会における厳正な審査を経て選定されていて、2013年には沖縄県優良県産品審査員特別賞を受賞しており、シークワーサーを安心して飲むことができます。


青切りシークワーサー100プレミアムはネット販売のみで170万本も売り上げた大人気のシークワーサー原液です。

健康意識の高い方、健康のことを真剣に考え始めたには一度試してみてもいいかもしれませんね。

青切りシークワーサー100プレミアム公式販売ページ⇒【青切りシークヮーサー100ザ・プレミアム】